障害者総合支援法における制度・対象

障害者総合支援法のポイント

障がい福祉サービスの一元化

  ①身体・知的・精神の各種障がい福祉サービスを一元化
  ②実施主体を市町村へと一元化

利用者本位のサービス体系に再編

就労支援を抜本的に強化

支援決定のしくみを透明化・明確化

費用をみんなで負担し合う仕組みの強化

  ①サービスの量と所得に応じた負担(所得に応じた負担上限額の設定と補足給付の設定)
  ②国の費用負担を義務化

障がいのある人々の自立を支えます


障がいのある人が地域で安心して暮らせる社会の実現をめざします

障害者総合支援法による新しいサービスのしくみ

障害者総合支援法による総合的な自立支援システムの全体像は、「自立支援給付」と「地域生活支援事業」で構成されています。
新しいサービスのしくみ

障がい福祉サービスの内容

障がい福祉サービスの内容の詳細はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ